合宿その2@答志島

答志島合宿1の続きです。
12日(金)
今日の午前中は名大6名、阪大2名、京大は板倉さんと淺田が参加しました。四股、腰割、すり足に始まり、出し投げや絞りの練習をしました。普段あまりしぼりをすることがなく戸惑いましたが、最後にはある程度形にできたと思います。板倉さんと阪大はこの日の午前の稽古で本土に戻り、午後からは名大6名と淺田で稽古をしました。名大への出げいこのようで面白かったです。稽古後はアイシングで海水浴をしました。その後地元の夏祭りの手伝いに参加しました。喜んでもらえてなによりでした。
13日(土)
そろそろ日焼けと筋肉痛がつらくなってきました。今日も名大6名と淺田を加えて稽古をしました。出し投げと絞りを今日もやりました。日焼けで組むと痛くなかなか集中しずらかったのですがしぼりの感覚がつかめました。午後の稽古の後に広島大学の4名が参加し、淺田の名大への出げいこ状態が終わりました。また稽古後には地元の盆踊りに参加しました。リズムと踊りが独特で難しかったですが、広大のジャスティンは地元のおばあさんに教えてもらいすごいうまく踊ってました。
14日(日)
日焼けと筋肉痛と盆踊りの疲れの中今日も稽古はあります。今日は午後から名古屋大学の芳賀さんが加わり、名大7名、広大4名、京大淺田で稽古しました。立ち合いの練習をしたのですが、まわしを取れても早い名古屋の動きに翻弄され思うようにはいきませんでした。七大戦も近いので日頃の稽古で対応したいです。午前の練習が終わるとBBQでした。肉はもちろん海産物や野菜もおいしく疲れが取れました。今日も稽古後に盆踊りがありました。やっぱりジャスティンがうまいです。
15日(月)
稽古最終日ということで筋肉痛なども忘れ稽古をしました。最終日ということで何番か相撲を取ったのですが、自分は肘の調子が芳しくなく見学でした… しかし名大の立ち合いや相撲の取り口を見ていい勉強になりました。稽古後は名大の主将の木村さんの胴上げなどで合宿を締めました。恒例の夕食の席でのコントでは名大の飯島君と広大の伊藤君と組んだのですがあまり受けず、盆踊りもリズムが変わり苦しめられました。しかし、いい経験になりました。
16日(火)
合宿の後片付けをし近くのビーチへ。 きれいだったのですが、日焼けが痛くあまり入れませんでした。飯島君が港で魚を見つけて興奮し面白かったです。答志島を船で出てからは伊勢神宮に参拝しました。参拝後はおかげ横丁で買い食いを楽しみました。おかげ横丁で解散となり答志島合宿も終わりました。

全体的にしんどかったのですが全日参加を達成し非常にいい経験になりました。これを糧に七大戦や全国インカレにむけまた稽古に励みたいと思います。

記録:日焼けはまだ痛い淺田
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2017年6月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生3名
4回生1名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード