8月24日(日)の七大戦

京都大学が主幹校として、
全国七大学総合体育大会相撲の部
(第14回七大学相撲大会)
を京都市武道センターにて行いました。

◆団体戦
京都○3ー2⚫︎北海道
(先)古屋⚫︎(押し出し)○東
(二)森田⚫︎(寄り切り)○中川
(中)谷澤○(寄り倒し)⚫︎小川
(副)廣川○(うっちゃり)⚫︎尾村
(大)西馬○(引き落とし)⚫︎山谷

京都○4ー1⚫︎九州
(先)古屋○(寄り倒し)⚫︎湯野
(二)森田⚫︎(寄り倒し)○松田
(中)谷澤○(寄り切り)⚫︎合田
(副)廣川○(不戦勝)⚫︎中島
(大)西馬○(押し出し)⚫︎前田

京都⚫︎2ー3○大阪
(先)古屋⚫︎(上手投げ)○中山
(二)森田○(上手投げ)⚫︎小林
(中)谷澤○(寄り切り)⚫︎梨本
(副)廣川⚫︎(押し倒し)○岩垂
(大)西馬⚫︎(上手投げ)⚫︎スガル

京都⚫︎0ー5○東北
(先)古屋⚫︎(下手投げ)○菊池
(二)森田⚫︎(送り吊り出し)○千葉
(中)谷澤⚫︎(かわずがけ)○ロクジュウナナ
(副)廣川⚫︎(上手投げ)○羽鳥
(大)西馬⚫︎(寄り切り)○鈴木

京都⚫︎1ー4○名古屋
(先)古屋⚫︎(突き落とし)○橋本
(二)森田⚫︎(上手出し投げ)○右田
(中)谷澤○(はたき込み)⚫︎舘
(副)廣川⚫︎(突き落とし)○木村
(大)西馬⚫︎(寄り倒し)○棚橋

京都○3ー2⚫︎東京
(先)古屋○(寄り倒し)⚫︎伊藤
(二)森田⚫︎(外がけ)○宗
(中)谷澤○(寄り切り)⚫︎柳瀬
(副)廣川○(寄り切り)⚫︎黒宮
(大)西馬⚫︎(押し出し)○真栄平

→以上の結果、3勝13点で同点の大阪大学と4、5位決定戦へ。

京都○3ー0⚫︎大阪
(先)古屋○(寄り切り)⚫︎中山
(二)森田○(内がけ)⚫︎小林
(中)谷澤○(寄り倒し)⚫︎梨本

→団体戦第4位(七大学中)

◆個人戦(体重別)

◇65kg未満級
古屋○(寄り切り)⚫︎伊藤(東京)
古屋○(寄り切り)⚫︎大場(北海道)
古屋⚫︎(足取り)○宗(東京)
→準優勝

◇75kg以上級
森田○(不戦勝)⚫︎合田(九州)
森田⚫︎(寄り倒し)○柳瀬(東京)

廣川⚫︎(押し出し)○岩垂(大阪)

谷澤⚫︎(寄り切り)○鈴木(東北)

西馬○(不戦勝)⚫︎千葉も湯野も棄権
西馬⚫︎(突き落とし)○真栄平(東京)


◆個人戦(総合)
[Aブロック]
西馬○(引き落とし)⚫︎大場(北海道)
西馬○(割り出し)⚫︎前田(九州)
西馬⚫︎(すくい投げ)○ロクジュウナナ(東北)

[Bブロック]
古屋○(不戦勝)⚫︎大澤(東北)
古屋○(足取り)⚫︎舘(名古屋)
古屋○(首投げ)⚫︎宗(東京)
古屋○(下手投げ)⚫︎柳瀬(東京)
古屋⚫︎(吊り落とし)○ロクジュウナナ(東北)
→第3位

[Cブロック]
谷澤○(押し出し)⚫︎池田(東京)
谷澤⚫︎(内無双)○鈴木(東北)

廣川⚫︎(とったり)○菊池(東北)

[Dブロック]
森田⚫︎(寄り倒し)○小川(北海道)


【全試合成績】
古屋 9勝6敗
谷澤 7勝3敗
廣川 3勝4敗
西馬 5勝6敗
森田 3勝7敗


講評

ふるや主務は、2つの賞を獲るなど今日最も活躍しました。最初は不調なのかと思いきや、中盤からどんな相手でもしなやかですばやいお相撲で観客を魅了しました。
谷澤くんは京大で唯一、団体戦で東北大学以外には全勝しており、谷澤くんなしには第4位にはなれなかったでしょう。
廣川主将はもっと頑張って。
西馬さんは大将として、2勝2敗でまわってきたときに勝つなど大活躍していただきました。
森田くんは初試合という状況で3勝し、団体4、5位決定戦で白星をとるなどポテンシャルを感じました。
小西くんはビデオ撮影や写真撮影をしてくれました。
水谷さんは本部で記録係に徹してくれました。
私は七大戦アナウンスが2回目となり、成長ぶりを褒めていただきました。
総じて、私がトロフィーを注文したのですが、第4位ということで持ち帰れずで寂しいです。
北村くんが出て、小西くんも復帰できる団体戦に期待です。


〜最後に〜

西馬さん、森田くん、助っ人として出場いただいた上に白星をいくつもとっていただきありがとうございました。

小野前部長、鈴木部長、田村監督、川崎先生、ご指導ありがとうございました。

河野さん、小浮さん、あべせんせい、こはるちゃん、お忙しい中会場まで足を運んでくださりありがとうございました。

松井さん、崎山さん、栗木さん、宮島さん、井上さん、土俵整備などの役割を担っていただきありがとうございました。

佐藤さん、村井さん、1ヶ月程前からの準備、当日の後片付けまで、土俵へ何度も足を運んでいただいての多大なるご指導ご協力ありがとうございました。

最後に、田村監督、準備に関してご心配とご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
今後ともご指導よろしくお願いします。


記録;中野




次の稽古は9/1(月)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

65キロ未満のふるや氏は準優勝では?

Re: タイトルなし

岡目八目さん

ご指摘ありがとうございます。
訂正致しました。

七大戦お疲れ様

現役の皆さん準備に当日作業に後片付けにといろいろお疲れ様でした(特に廣川)。大きな大会の運営は初めてでしたので大変だったと思います。
試合結果としては、助っ人2人を含めた布陣で昨年より団体順位を上げたのは素晴らしい。

廣川:下半身が安定していました、稽古の賜物ですね
古屋:速く低い相撲がよく発揮できていました、ダブル入賞おめでとう
谷澤:勝ちのほとんどが寄り切り、圧力のかけ方がうまかったと思います
中野:流暢なアナウンスと賞状書きありがとう
小西&北村:来年は主力としての活躍を期待します
水谷:マネージャー的な役割でしたが、次は選手で頑張って
西馬さん:大将お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
森田君:ぜひ正式に入部してください、お願いします

本当に良い大会でした。
来月は東大戦、全国体重別、関西女子と続きます。
まずは1週間よく休んでから、また稽古に精進してください。

皆、よく頑張りました。

皆さんへ

昨日は七大学戦の準備から運営、後片付けまで御苦労様でした。また、試合においても、現段階の実力をそれぞれが発揮できたのではないでしょうか。
特に、古屋くんの準優勝と三位のダブル入賞は素晴らしかった。谷澤君の必死の相撲も今後の可能性を予感させるものがありました。応援の二人も精一杯の相撲を見せてくれました。
そして廣川君は主将として大会の実行委員長の職責を十分に果たしてくれました。今後の活躍の幅が広がる貴重な経験となったことでしょう。
中野さんの放送もgood、小西くん、水谷さんもお疲れ様、君たちの活躍の機会もやってきますので頑張りましょう。
さらに、大会に関し様々な協力を頂いた皆さんに、感謝の気持ちを忘れることなく、秋の大会に備え、引き続き、一丸となって取り組み、大きな成果が残せるよう、精一杯、頑張りましょう。

以上

Re: 皆、よく頑張りました。

田村監督

ありがとうございます。
今大会は京大相撲部関係者以外にも他大学やその他大勢の方々にご協力いただいたお陰で運営できたことを忘れないようにします。
秋の大会に向けて一丸となって頑張っていきますのでよろしくお願いします。

Re: 七大戦お疲れ様

OB佐藤さん

熱いコメントありがとうございます。
佐藤さんが主将時代の講評を目指して書いております。
これからも、OBさんと後輩(主に新入部員)との中間的な役割として熱く指導してくださると嬉しいです。
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2017年6月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生3名
4回生1名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード