合宿レポートその1~関西学院大学

というわけで8月6,7,8日は関学の合宿に参加しました。参加者は宮島・井上の2名でした。また、参加大学は関西学院大学、愛知学院大学、関西大学、龍谷大学、京都大学でした。最終日にのみ東北大のOB奥田さん、阪大の三木さんと高校生(すごく強い)2人が参加でした。

6日(木)
13時集合だったので12時ちょっとすぎに土俵につくと、稽古開始は14時からということでかなり暇しました。かなり急いで(気持ちは)行ったのになんとなく肩すかしをくらった気分です。とりあえず時間つぶしに関学の生協で買い物したりなんだりして稽古を待ちました。

稽古自体はひたすら相撲を取るという形式で、相撲が強いグループと弱いグループに分かれてやりました。この日は宮島さんも僕も弱い方でやっていました。そこまでたくさん相撲が取れたとは思えなかったので次の日から積極的にやろうと思いました。

終了後は他大学はみんなでご飯でしたが申し込みが遅れた我々2人は関学相撲部監督の椿本さんに連れられて中華料理でした。いろいろと有益な話が聞けてよかったです。そのうえおごってもらいました。すこぶるうれしいです。

合宿の宿舎は関学のスポーツセンターというところで、非常に充実した合宿施設でした。洗濯機はあるし、風呂はジャグジー付だし、エアコン使えるし、といった具合に十分休みを取ることができたと思います。


7日(金)
9時稽古開始でした。朝はコンビニで適当にご飯を買って土俵に行く途中にもごもご食べてました。正直足りなかったです。

稽古は前日よりも土俵に上がっていたと思います。勝率も多分上がったし。うん。この日から宮島さんは強い方で相撲をとるようになっていました。稽古をやる順番が弱い→強いの順なので、弱い我々は強い人たちの相撲を見ていろいろと参考にしていました。強い方でやっている軽量級の人たちの相撲は非常にためになるものでした。
稽古後は龍谷の人たちと一緒に駅前のショッピングモール(?)に行き、ウィンドウショッピングをしていました。なんというか…つかれました。ただし電気屋にあったマッサージチェアはすごく良かったです。


8日(土)
7日と同じく9時開始でした。

最終日なのでがんばろう!という風に臨みました。立ち会いの感覚がかなりいい感じにつかめたと思います。もうちょっと腰とかの使い方をどうにかしないといかんなと感じました。あといろいろと問題がありましたがそれはヒ・ミ・ツ(はぁと)。この日も前日同様強い人々の相撲を見ていましたがみんなそれぞれ自分の型があってそれを立ち会いでいかにきめられるかが勝負を握っているんだなと強く感じました。

終わった後は東北大OBの奥田さん、阪大の三木さんとそばを食べ、京都に帰りました。僕はそのあと直ぐに池田さんに誘われた淀川の花火大会に行ってきました。かなりきれいでした。光と音の速度の違いを体感していました。正直肉体的にしんどかったです。


総括
いろいろな大学のたくさんの人と相撲を取ることができて非常によかったです。西日本の大会で当たる可能性がかなり大きい人達が相手だったので敵情視察(?)ができて今後の方針を立てるのにも役に立ちました。
この合宿を主催していただいた関西学院大学相撲部には非常に感謝しています。ありがとうございました。


記録:今月ほとんど家にいない井上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナポレオンは、余の辞書には「不可能」の文字はない、と言ったが、椿本監督の現役時代の辞書には、「妥協」の文字はなかったと思う。
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2017年6月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生3名
4回生1名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード