12月9日(土)の稽古

本日は松井さん・新妻さん・林さん(新妻さんの知り合い)・板倉・吉田・淺田・大津が参加しました。
佐藤さんは最初の方だけ来てくれました。その後は女子練習会に向かわれました。監督はお忙しいです。

稽古開始時にはまわしどころか裸足になるのすら躊躇するほどの寒さでした。まわしもキンキンに冷えていて、まわしになるだけで誉めてほしかったですね。誰も誉めてはくれませんでしたが。

まあユニフォームに着替えるだけで誉める部活なんかありゃせんのは分かりますが、それにしても寒すぎるでしょう。
誉めなくてもいいからせめて床暖房にでもしてください。
切実な板倉の叫びです。
まあ1時間も稽古してれば気温も暖かく体も温かくなってきたので床暖房なんか必要ありませんでしたが。
ということは導入部分さえ上手くいけば寒い日の稽古も苦でなくなるわけです。
何が悪いのか。そう、冷たいまわしが悪い。
これはまわしの素材に起因するでしょう。
なんやあのカチカチ冷え冷えなまわし。論外。寒すぎ。あり得ない。
そこで!まわしをモコモコフワフワな素材にするという案はいかがでしょうか。我ながら天才ですね。
モコモコフワフワにしてしまえば、冬でも寒さに震えることもありません。軽量故に現状のまわしを着けている時よりも機敏に動くことが出来るでしょう。モコモコ最高!(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノィェーィ!

だがしかし、モコモコフワフワにしてしまうと今度は耐久性に関して問題が出てきそうです。
平たく言うとまわしの崩壊がいとも簡単に起きてしまうわけですね。
まわしの崩壊、それすなわちまわしの装着者があられもない姿になってしまうというわけです。これはいけねぇ。
寒さを防ぐ前に人として大事な何かを守らねばならぬことをすっかり忘れていました。
つまり、まわしが冬に冷え冷えになるようなカチカチ(言うほど硬くないですがそこはご愛嬌)素材で出来ていたのは、簡単にまわしがはだけることを防ぐためだったのですね。
さらには恥部を晒してしまった際に向けられる世間の冷たい目から我々を守るためだったのですね。
上手にまとまったでしょうか。
適当に思ったことを書いたので間違いがどうとか指摘してもらわなくていいです。
つまり何が言いたかったって、土俵寒すぎあり得ないってことです。

さて、本日の稽古ですが、吉田が久しぶりに相撲してました。
大津相手には先輩相撲をしてましたが、松井さん相手には潜られて寄り切られるみたいな相撲が多かったですね。
相変わらずのパワーでしたが。力は正義。

板倉は林さん相手にいい感じの内容の相撲がとれました。久しぶりにキレイに投げられて嬉しかったです。今日は良い夢見られそうです。

稽古後は板倉・淺田・大津の3人でとくらへ行きました。何気にこの3人だけで食事に行くのって珍しい気がします。まあ山口がいないだけな気もしますが。山口くんは体調を崩してしまったようです。お大事に。
とくらではサンマの塩焼きを食べました。サンマのハラワタを食べる派と食べない派で分かれました。僕は食べない派です。

記録:今日は本当に寒かったです。板倉
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2018年4月現在の部員数は
2回生2名
3回生3名
4回生3名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード