12月23日(土)の稽古

初めまして、法学部2回生の大津です。稽古ブログを書くのは初めてで、板倉さんのような上手い文章は難しいですが駄文ながら一生懸命書いていこうと思います。

本日の稽古は松井さん・廣川さん・山口さん・吉田さん・大津・大江、そして阪大から村木さん・金さん・大嶋君・福永君が参加しとても土俵が賑やかでした。佐藤監督は最初に少し来られて、その後すぐに女子合宿に向かいました。合宿に参加している菱沼には実りあるものにしてほしいです。

阪大の現役2人は京阪戦やインカレの時よりも大きくなっており体重を聞くと大嶋君は94kg、福永君に至っては100kgあるということでした。国公立の巨大化は止まりません。

稽古では阪大勢がもの凄い馬力を見せつけ、山口さんを押し出したりしていてびっくりしました。その後は山口さんがいつものように寄り切りまくっていました。一方吉田さんはあまり調子が出ないらしく、僕と相撲をとってる時も「あ〜〜やばい....!!」と心の声が口から漏れていました。

そして僕はというと、今日は何一つとしていいところありませんでした。福永君や大嶋君に電車道されまくり、金さんに受けてもらったぶつかりではヘロヘロになってしまいました。稽古が終わる頃には疲労と情けなさでシナシナになってしまいましたが、もう年末なので来年に向けて反省するべきところは反省してブルーな気持ちは引きずらずに行こうと思います。

稽古の最後には松井さんと村木さんが炎の15番勝負をしていました。40歳を超えた方達もバリバリやっているので現役世代も負けないようにもっと頑張ろうと思います。

稽古後は大江のリクエストで相撲系男子には縁遠いお洒落なパスタ屋「凛屋」に行きました。パスタ自体は普通でしたが、セットの豆乳スープは非常に不思議な味がして美味しかったです。食べ盛りの僕は「大丈夫か?足りるか?」としきりに心配されましたが、お昼なので大丈夫です。
松井さん、廣川さんご馳走様でした。

記録:下宿3ヶ月目にして自炊を諦めた大津
スポンサーサイト

番外編 伊勢旅行

さて、先日のブログにぽんさんこと佐藤静夫氏が来たとありました。何故来たのか?
ポンさんは伊勢旅行に参加するために来てくれたのです。

では、旅行について書いていきま~す。普段とは違う相撲部の姿にご期待ください。

今日旅行に行くメンバーは山口さん、二回生トリオ(淺田、堀野、大津)、崎山さん、そしてポンさんです。

7:33京都駅を出発 一路滋賀県草津へ
草津にて崎山さんと合流 滋賀県に入りました。
草津から草津線で柘植へ。
柘植、これで「つげ」と読みます。
三重県に入りました。
さて柘植からは電車が先日の台風で止まり、復旧してないのでバスで世界の亀山へ。
亀山からは津へ行き乗り換え。
ここで「津駅にいる大津」という写真が撮れました。大津で撮れや、という突っ込みもありましたが、気にしません。

さて、津から伊勢市にいって今日の目的地その1伊勢神宮外宮につきました。
伊勢神宮外宮参拝後、バスで目的地その2の内宮へ。
お賽銭の一万円札にびびった部員もいましたが、恙無く参拝を終えました。
内宮の参拝を済ませるとそこはおかげ横町。
伊勢うどん、手こね寿司、伊勢海老バーガー、松阪牛、三重県の名物が勢揃いです。
伊勢うどんをまず食べ、次に有名なコロッケ屋に行き、コロッケやメンチカツに舌鼓をうち、手こね寿司を食べました。その後は赤福や焼き芋、伊勢海老バーガーを楽しました。
食べてしかいねえなぁ。
崎山さん、ポンさんごちそうさまでした。

そんなわけで(どんなわけだ)帰路へつきました。

行きは楽しい、帰りは嬉しい。
しばしば言われるこの言葉。
帰りは行きと同じルート。
外の景色は暗闇。
早起きの代償として現れる強烈な眠気。
今回も帰りは皆黙りでした。

電車は進み、草津で崎山さんとお別れしました。
崎山さん、今日はありがとうございました。
草津を出ると後少しで京都に帰れる、その意思で襲いかかる眠気を倒し20:00過ぎに京都に帰還しました。京都駅にて解散、お疲れ様でした。

さて、こんな感じの楽しい旅行になりました。
また、他の部員とも行きたいものです。
以上、部員たちの華麗なる休日を紹介させて頂きました。ではまた~

記録:二十歳になった淺田。

12月16日(土)の稽古

本日で主務淺田は20歳となりました。今日はいわゆる彼の誕生日ってやつですね。彼の師匠である山口は誕生日プレゼントに

「腕立て伏せを200回する権利」

をあげていました。羨ましい限りです(o^-^o)。
途中で淺田がいらんことをしたので100回増やされてました。
この見るからにツラい権利を放棄しなかった彼は男の中の男と言えるでしょう。これが20歳を迎えた男の精神力ってやつですね。

淺田くん誕生日おめでとう。

さて本日の稽古ですが、OB友人の佐藤さん・OBの小黒さん・松井さん・佐藤監督・板倉・山口・淺田・堀野・大津・菱沼・大江が参加しました。
これだけ人数が揃うと土俵も賑やかです。

板倉は小黒さんに押しを受けてもらいましたが、めちゃくちゃ重たかったです。体重は板倉とほとんど同じなのに、まー重たかったです。
松井さんといい、小黒さんといい、40代の相撲巧者の技術はスゴいですね。語彙力がないのでスゴいしか言えないのが残念です。本当にスゴいんです。

小黒さんと相撲もしましたが、2勝3敗と負け越してしまいました。次があるか分からないですけど、次対戦するときは勝ちたいですね。
その時に板倉が引退してたら次はないですけど。弱体化しているはずですし。怪我とか怖いですし。

それと、大津がパワーアップしました。音で表すと、今までが
ダッ
ピョン
グイグイ
グイ~
ダハ~
みたいな感じでしたが、今日の大津は
ダッ
ドン
ドーン
みたいな感じでした。勢いがあって素晴らしいですね。

稽古後はマネージャーが作ってくれたシチューを部室で食べました。人が多かったので部室が人でいっぱいになりました。
そして20歳を迎えた淺田に小黒さんから金箔入りの日本酒がプレゼントされました。飲める人で飲みました。一升瓶が空になりました。

小黒さん、松井さんから寄付もいただきました。ありがとうございました。

記録:そろそろ1回生たちにブログを書かせようかと考えている板倉

12/13(水)の稽古

先日から引き続き、今日も相変わらず寒かったです。
何なら昼過ぎにはわずかですが雪が、夜には霙が降っていました。
こんな寒い日にあったかいジャンバー、ズボンを取り、上裸もしくはそれに近いものになり何らかの活動を行うのは愚行と言わざるを得ません。前回のブログでまわしをもこもこにしたり、土俵を床暖房にしたらいいという意見が、部内だけでなく部外からも好評だったようです。
そこで潤沢な部費を用いて床暖房にできないかと調べましたら、初期費用だけで部の年間予算の8割近くが飛びました。そこから維持費用を考えると… やめましょう。

さて今日の稽古には板倉さん、山口さん、淺田、大津の4名が参加しました。
山口さんはまわしにジャージ、板倉さんと大津は半袖短パン、淺田は上裸長ズボンとばらばらな格好でした。相撲部らしく低位とのことです。
上記の通り寒かったので集中して取り組みました。
大津は山口副主将の指示の下、柔軟などに励んでいました。来季の大津にご期待ください。

稽古後は綴に行きました。胃袋が大きくなったのか特盛オムライスが小さく感じたのは内緒です。

記録:久しぶりにブログを書いた気がするブログ主任浅田 交代の日も近い…

12月9日(土)の稽古

本日は松井さん・新妻さん・林さん(新妻さんの知り合い)・板倉・吉田・淺田・大津が参加しました。
佐藤さんは最初の方だけ来てくれました。その後は女子練習会に向かわれました。監督はお忙しいです。

稽古開始時にはまわしどころか裸足になるのすら躊躇するほどの寒さでした。まわしもキンキンに冷えていて、まわしになるだけで誉めてほしかったですね。誰も誉めてはくれませんでしたが。

まあユニフォームに着替えるだけで誉める部活なんかありゃせんのは分かりますが、それにしても寒すぎるでしょう。
誉めなくてもいいからせめて床暖房にでもしてください。
切実な板倉の叫びです。
まあ1時間も稽古してれば気温も暖かく体も温かくなってきたので床暖房なんか必要ありませんでしたが。
ということは導入部分さえ上手くいけば寒い日の稽古も苦でなくなるわけです。
何が悪いのか。そう、冷たいまわしが悪い。
これはまわしの素材に起因するでしょう。
なんやあのカチカチ冷え冷えなまわし。論外。寒すぎ。あり得ない。
そこで!まわしをモコモコフワフワな素材にするという案はいかがでしょうか。我ながら天才ですね。
モコモコフワフワにしてしまえば、冬でも寒さに震えることもありません。軽量故に現状のまわしを着けている時よりも機敏に動くことが出来るでしょう。モコモコ最高!(*ノ゚Д゚)八(*゚Д゚*)八(゚Д゚*)ノィェーィ!

だがしかし、モコモコフワフワにしてしまうと今度は耐久性に関して問題が出てきそうです。
平たく言うとまわしの崩壊がいとも簡単に起きてしまうわけですね。
まわしの崩壊、それすなわちまわしの装着者があられもない姿になってしまうというわけです。これはいけねぇ。
寒さを防ぐ前に人として大事な何かを守らねばならぬことをすっかり忘れていました。
つまり、まわしが冬に冷え冷えになるようなカチカチ(言うほど硬くないですがそこはご愛嬌)素材で出来ていたのは、簡単にまわしがはだけることを防ぐためだったのですね。
さらには恥部を晒してしまった際に向けられる世間の冷たい目から我々を守るためだったのですね。
上手にまとまったでしょうか。
適当に思ったことを書いたので間違いがどうとか指摘してもらわなくていいです。
つまり何が言いたかったって、土俵寒すぎあり得ないってことです。

さて、本日の稽古ですが、吉田が久しぶりに相撲してました。
大津相手には先輩相撲をしてましたが、松井さん相手には潜られて寄り切られるみたいな相撲が多かったですね。
相変わらずのパワーでしたが。力は正義。

板倉は林さん相手にいい感じの内容の相撲がとれました。久しぶりにキレイに投げられて嬉しかったです。今日は良い夢見られそうです。

稽古後は板倉・淺田・大津の3人でとくらへ行きました。何気にこの3人だけで食事に行くのって珍しい気がします。まあ山口がいないだけな気もしますが。山口くんは体調を崩してしまったようです。お大事に。
とくらではサンマの塩焼きを食べました。サンマのハラワタを食べる派と食べない派で分かれました。僕は食べない派です。

記録:今日は本当に寒かったです。板倉

12月4日(月)の稽古

今日は筋トレをしました。
2回生には腕立て伏せのノルマ100回が課されていました。淺田は山口に特に愛されているので+50回でした。いじめじゃないのでご安心を。体格に合った練習メニューってやつです。恐らく。

弟子の淺田が失言する度に破門をしてる師匠の山口ですが、なんやかんやで師弟関係は継続しています。
山口が本気で淺田を破門するときは、それすなわち京大相撲部の崩壊のときなので、できれば良好な師弟関係が継続することを望みます。
まあ淺田が失言しなきゃいいんですけどね。

淺田と大津が上半身のトレーニングに励んでいる間、板倉と堀野の軽量級コンビは土俵の周りを摺り足でスリスリしてました。
文面にするとかわいらしい感じですが、ボチボチキツかったです。
冬の間に来シーズンのための貯金をせっせと作ろうと思います。
あとは鋼の肉体を手に入れたい(切実)。
筋トレ頑張ります。

稽古後に栗木氏が土俵に来訪されました。
引っ越しをする関係で要らなくなった家具を譲り受けることになりました。

その後は皆大好き綴へ行きました。部員は皆何かしらのメニューの特盛を頼みました。
栗木氏、ごちそうさまでした。

記録:淺田の上半身、特にお腹まわりが謎の進化を遂げてダルマみたいになってます。一見の価値ありです。板倉。

12月2日(土)の稽古

久しぶりに晴れてましたね。晴れてた割には寒いです。冬の訪れですね。師走です。年末です。えらいこっちゃ。1年って早いですね。

さて本日の稽古は松井さん・佐藤さん・廣川さん・板倉・山口・淺田・堀野・大津・菱沼・大江が参加しました。
松井さん、寄付ありがとうございました。

土曜日は相撲することになってるので相撲しました。まわしになるときは寒いなーとか思ってましたが、四股を60回も踏めば汗が滲んできました。四股って偉大。

さて相撲ですが、最近やる気に満ち溢れてる二回生コンビが相撲頑張ってました。堀野は山口に勝ったりしてました。割りとガチンコ相撲で勝ててたっぽいので、堀野はこの勝利を忘れることなく相撲に励んでもらいたいものです。ファイト~。

大津もバンバン相撲してました。攻め続けるのが彼の良いところですね。松井さんや佐藤さんをゴリゴリ土俵際までもっていくパワーは素晴らしい。あとは勝ちきれるかどうか。この冬に鍛えてさしあげましょう。ファイト~。

淺田は諸事情により山口師匠直伝の筋トレに励んでました。あれだけ頑張れる彼のストイックさは尊敬に値しますね。この事を直接言うと「もっと誉めてくださいよ~」ってうるさいのでブログで誉めておくことにします。
他大の皆さんも彼に会ったときは積極的に誉めてあげてください。喜ぶと思います。知らんけど。

山口は相変わらず強かったです。ぶつかり稽古頑張ってました。それはもう本当に頑張ってました。同期が頑張ってる姿を見るとやらにゃいかんなと思いますね。

さて稽古後はうどんを食べに行きました。
特に変わったこともなく皆うどんの大大を食べました。ダイエットしてるとかいう廣川さんも大大を食べました。ダイエットとは。

記録:ブログに対するやる気があったのでいっぱい書いた板倉
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2018年4月現在の部員数は
2回生2名
3回生3名
4回生3名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード