9月23日(月祝)の東大京大戦

第36回東京大学京都大学対校戦(@東大土俵)に参加しました。

☆団体戦

京都●2ー3○東京
(先)古屋○(足取り)●伊藤
(二)廣川●(寄り切り)○真栄平
(中)谷澤●(押し出し)○千葉
(副)村井●(引き落とし)○黒宮
(大)佐藤○(寄り倒し)●柳瀬

惜敗でした。


☆個人戦

出場選手は
東大…団体戦メンバー5人+池田
京大…団体戦メンバー5人


[予選1回戦]
Aリーグ
廣川●(押し出し)○真栄平
古屋○(下手投げ)●伊藤
村井●(寄り切り)○柳瀬

Bリーグ
佐藤○(突き出し)●池田
谷澤●(突き落とし)○黒宮

[予選2回戦]
Aリーグ
廣川○(寄り倒し)●村井
古屋○(外がけ)●柳瀬
真栄平○(押し出し)●伊藤

Bリーグ
佐藤○(引き落とし)●黒宮
千葉○(押し出し)●池田

[予選3回戦]
Aリーグ
村井●(すくい投げ)○真栄平
古屋○(寄り切り)●廣川
柳瀬○(寄り倒し)●伊藤

Bリーグ
谷澤●(押し出し)○千葉
黒宮○(寄り切り)●池田

[予選4回戦]
Aリーグ
古屋○(引き落とし)●村井
廣川○(寄り倒し)●伊藤
に真栄平○(寄り倒し)●柳瀬

Bリーグ
佐藤○(寄り切り)●谷澤
千葉○(突き出し)●黒宮

[予選5回戦]
Aリーグ
古屋○(足取り)●真栄平
廣川●(不戦勝)○柳瀬
村井○(うっちゃり)●伊藤

Bリーグ
佐藤●(吊り出し)○千葉
谷澤○(寄り切り)●池田


以上より
Aリーグ
古屋 5勝0敗、決勝リーグへ
真栄平 4勝1敗、決勝リーグへ
柳瀬 3勝2敗
廣川 2勝3敗
村井 1勝4敗
伊藤 0勝5敗

Bリーグ
千葉 4勝0敗、決勝リーグへ
佐藤 3勝1敗、決勝リーグへ
黒宮 2勝2敗
谷澤 1勝3敗
池田 0勝4敗


準決勝
佐藤○(寄り倒し)●古屋
千葉○(押し出し)●真栄平

3位決定戦
古屋●(寄り切り)○真栄平

決勝戦
佐藤●(押し倒し)○千葉

以上の結果
優勝 千葉(東大)
準優勝 佐藤(京大)
第3位 真栄平(東大)


~振り返って~
団体戦において、1点差で敗れたのは非常に悔しい。対東大戦は、昨年の七大戦、昨年の東大戦、今年の七大戦と3連勝していたので、分はよかったはずだし、何とか勝ちたかった。組み合わせも相撲内容も悪くないだけに、残念です。
東大に地力を見せつけられました。
後輩たちには、来年のホーム試合でやり返してほしいです。

個人戦は、決勝リーグに東大・京大とも2人ずつ進出しました。昨年は京大側が1人だったので、この点はよかったと思います。

私個人としては、現役最後の試合でしたので、優勝して有終の美を飾りたかったのですが、力不足でした。しかし、悔いはありません。

村井さんは、同じく本大会で選手引退でした。最後の対戦を白星で終えられて嬉しく思います。お疲れ様でした。
あとはお互い卒業を目指します。

廣川は、肩のケガが完治しない中でも割りといい相撲内容だったと思います。
稽古していたことが本番で発揮できるようになってきました。

古屋は、個人戦予選で全勝は立派。身軽さゆえのスピードと粘り腰がよくでていました。今後もいい所を伸ばし、相手にとってやりにくい相撲を取り続けていこう。

谷澤は先輩相手でもしっかり遠慮なく相撲取っており、その姿勢はよい。それなのに、勝ち星が少ないのはチャンスを生かしきれなかったから。攻めるタイミングを学んでいってほしい。

中野さんは、対戦表の準備やビデオ記録ありがとう。助かりました。

来年は、京大主催で七大戦と東大京大戦を行います。
まずは、選手集めからしっかり行い、正規選手5人で出場し、勝ち上がってくれることを祈ります。


記録:主将佐藤


追伸
~全国体重別を振り返って~
どういうわけか、全国体重別の記事を東大の柳瀬が書いてくれていました。
ご丁寧に私のスタイルを似せてくれています。
おそらく、古屋とやったことでしょう。面白いことをやってくれますね。

というわけで、改めて私からも一言。

古屋は、西日本体重別に続き、メダル獲得おめでとう。他選手のレベルも高い中、実にいい動きをしていました。
しかし、立ち合い失敗すると非常に軽くなってしまう。立ち合いの強い相手のバランス・平常心をどう崩すか研究しながら稽古を積んでほしい。
来年は、再度全国体重別優勝に挑戦してくれ。

廣川は、せっかくのチャンスだったが、ケガによる棄権という残念な結果となってしまった。
ケガのしにくい体づくり・取り口を考えながら稽古してほしい。それは、自分のためだけでなく、後輩育成にも役に立つ。

以上。
スポンサーサイト

9月22日(日)の全国個人体重別

22日は全国体重別選手権でした。
京大からは65㎏級に古屋 85㎏級に廣川が出場予定でしたが廣川は無念の棄権。東大戦に全力を尽くします。

詳細は下記の通りです。

☆65㎏未満級
[1回戦]
古屋○(頭捻り)●中田(早稲田)

[2回戦]
古屋○(足取り)●佐藤(関西)

[準決勝]
古屋●(押し出し)○坪井(立教)

以上より、古屋が3位入賞。西日本体重別に引き続きめざましい活躍を見せてくれました…

~振り返って~

古屋は順調に一回戦、二回戦を突破し準決勝進出。
東日本チャンピオンとの対戦に期待が集まりましたが立会一発であえなく土俵外へ。
一瞬にして会場はため息に包まれました。
今回の65㎏級は慶応藤原と近大小松の張り手合戦など数多く熱戦が展開されており
そのあまりにあっけない敗戦が大会全体を盛り下げた感は否めません。

来年は廣川や谷澤とともに自分が大会を盛り上げるという気概で臨んでほしいものです。


記録:浜省とよりを戻した柳瀬(東大相撲部二年)

9月21日(土)の稽古

 全国体重別選手権を翌日に控えたこの日、古屋が東大土俵へ出稽古に向かいました。
稽古には國學院大學の相撲同好会からも3人参加されており、大人数で活気あるものとなりました。

あらためて言うまでもありませんが、國學院大學相撲同好会は、昨年のNHK「関ジャニ∞の明日はどっちだ!」という番組で特集され一躍時の相撲部となった団体です。わたしは放送以来彼らのファンになっていたため、ともに相撲をとれる光栄にあずかれてとても感激しました。とくに、同番組内で期待の大型新人と紹介されていた川野さんは生でお会いすると一層その体が大きく感じられます。
相撲は國學院の方3人と東大の伊藤くん・柳瀬くんととり、大会前に取り組みの感覚を取り戻すことが出来ました。

稽古後は國學院相撲同好会のみなさんとともに記念撮影をしていただき解散となりました。

突然の稽古参加を受け入れてくだすった東大相撲部のみなさんと、國學院大學のみなさんにお礼申し上げます。

記録:メガロポリス東京に委縮している古屋

9月18日(水)の稽古

来週の東京遠征が楽しみな谷澤です。

本日は来週に控える全国体重別大会や

東大戦に向けて稽古を行いました。


記録 東京で何をするか決めかねている谷澤


9月19日(木)の稽古

こんばんは。
月がきれいですね。
今日は東大戦前の最後の稽古でした。

本日の取り組みは佐藤主将、村井さん、ふるや氏、谷澤くんの4人でした。
ここ最近相撲をとる人が少なかったので、活気が戻ってきたような気がしました。
今日の相撲を見ていると相性ってあるのだな、と思いました。

廣川氏は筋トレをしました。
私はビデオを撮りました。

夕食は東山二条のからこでラーメンでした。
5人以上で行ったので、1人につきからあげ(フライドチキンサイズ)2コがサービスでつきました!
定食を頼んだ佐藤主将と廣川氏は合計5コ、からあげを食べたことになります...。

そして部室に戻っていろいろ事務的作業をしました。

その後は残った4人で中秋の名月の下、花火を楽しみ、夏の終わりを感じました。


記録:東京行きの新幹線で 東京/マイ・ペースを聴こうと思った中野

9月16日(月)の稽古

なんとこの記事が書かれたのは2ヶ月後です!大変遅くなりました。
しかしこの日がなんの日か覚えておりますよ。敬老の日でもありますが、この日の朝、台風が通り過ぎました。
桂川や鴨川の水位が大変なことになってしまいました。
ネットの情報で鴨川の荒神橋付近が危ないというのを見て土俵大丈夫かと思いましたが、稽古の時間になって土俵に行ってみるとなんともありませんでした。皆さんはこの時大丈夫でしたか?

さて、稽古の内容まではさすがに覚えてませんでした。ごめんなさい。特に来客はありませんでした。


記録:記録しているときは主将の廣川

9月14日(土)の稽古

土曜日の稽古は午前からなのでどこか清々しい感じがします。
本日は足を怪我していた主将を除く4人で相撲をとりました。近頃、なんどやっても谷澤に立会いで負けてしまい悔しい思いをしているのですがこの日もそうでした。彼が突き繰り出す両手の動きはあまりにも早く、誇張ではなく本当に四本もの腕が襲ってくる錯覚に陥ります。
稽古後はいつものようにみなでご飯を食べ解散。大会一週間前なので早く家に帰り英気を養います。

記録:専門科目の成績が予想以上によくルンルンの古屋

9月12日(木)の稽古

こんにちは。
私は今日が夏休み最終日でした。
近頃現役部員は次々と高熱を出しています。
次は自分じゃないかと毎回思っており、家にポカリとフルーツ缶詰まで買い置きしておきました。

本日の取り組みは、ふるや氏と病み上がりの谷澤くんの二人が相撲をとりました。
廣川氏は主に筋トレ、佐藤主将はビデオを撮ったりチャンコ作りを手伝ってくれました。
村井さんはお休みでした。

今晩のチャンコはチャプチェを作りました。
カレーの数倍の労力を要したのでやはりマネージャーは男女問わず後数人ほしいと思いました。
後々春雨の量を20人分にしてしまっていたことに気づき、食べ切れない量のチャプチェが出来上がりました。

この日は早く解散しました。


記録:恋人試験/松本ちえこ が耳から離れない中野

9月11日(水)の稽古

谷やんが人生初の発熱をしたということでお休みでした。
小中高と皆勤したとのこと、素晴らしい健康優良児だったそうですが、ついにやられてしまいました。

廣川→古屋→佐藤→谷澤と発熱の連鎖が続いております。残りは村井さんと中野さんですが、次はどっちでしょう。
いや、ここで止まってくれることを祈りましょう。

さて、稽古ですが、次期幹部であり、体重別メダリスト2人が中心になって精力的に行いました。
動画を取りながら欠点を研究しております。

夕飯は三条のやよい軒で定食、ご飯食べ放題万歳コースからのサーティワンアイスクリームで締めました。
村井さんが前々から31に行ってみたいと熱望していたためでございます。

男が多数派のグループは31には似合わないと思いました(笑)。


記録:髪の毛がのびほーだいの佐藤

9月9日(月)の稽古

福岡への帰省から帰ってまいりました。お土産は博多通りもんです!
この一週間はとても涼しかったですね。冷房もいらずに布団をかぶった日もありました。
皆さんは風邪などひかれてないでしょうか。

さあ、本日の稽古は大阪歯科大から田村さんがいらっしゃいました。
共に全国の65kg未満級に出場する古屋との相撲が白熱していました。

今日のちゃんこはカレーでした。ルーが少し余ったので私が持ち帰りカレーうどんにして頂きました。


記録:自分の中では朝が早かった廣川

9月7日(土)の稽古

七大戦、西日本体重別が終わり、全国体重別、東大戦に向けて再始動しました。

そのつもりでした。諸々の理由により、集まったのは谷澤と佐藤だけ。

二人で土俵を占拠して(笑)、稽古となりました。

昼はルネに行きました。


記録:前日は40℃の発熱で朦朧としていた佐藤

9月1日(日)の西日本体重別

第38回西日本学生相撲個人体重別選手権に参加しました。

古屋が銀メダル、廣川が銅メダルを獲得しました!

詳細は下記の通りです。

☆65㎏未満級
[1回戦]
古屋○(寄り切り)●宮原(福岡工業)

[2回戦]
古屋○(とったり)●宇野(大阪)

[準決勝]
古屋○(押し出し)●時田(愛知学院)

[決勝]
古屋●(上手投げ)○小松(近畿)

以上より、古屋が準優勝。全国体重別への出場権獲得。


☆85㎏未満級
[1回戦]
谷澤●(押し出し)○龍山(近畿)

[2回戦]
廣川○(寄り倒し)●上別府(福岡工業)

[準決勝]
廣川●(押し出し)○川染(金沢学院)

以上より、廣川が第3位。全国体重別への出場権獲得。


~振り返って~
古屋・廣川の全国行きおめでとう。

古屋はかなりの体調不良の中、よく頑張った。内容もよかった。決勝も追い込んだ場面もあったので惜しい。
全国大会では悔しさをバネに、ぜひ京大史上初の優勝を狙ってほしい。

廣川は、確かに運にも恵まれたが、入賞のチャンスをしっかりつかんだ。よくやった。京大から13年ぶりの85㎏級入賞は快挙である。ただし、相撲内容は危なっかしかったので、全国までに修正し、いい相撲で勝ちあがってほしい。こちらも目指せ優勝。

谷澤は常に理想とする立ち合いができるように精進し、格上相手でも気持ちで負けないでほしい。
まだまだ1回生、来年以降に期待。

なにはともあれ、3人出場して、2人がメダル獲得。非常にうれしい。
靖国でも次期主将・主務コンビの活躍を見られることを祈ります。

皆様応援ありがとうございました。

古屋・廣川は9月22日(日)12時開始の全国体重別選手権(@靖国神社相撲場)に出場します。
どうぞ、こちらも応援よろしくお願いいたします。


記録:主将佐藤
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2017年6月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生3名
4回生1名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード