2月26日(火)の朝日山部屋訪問

この日は、朝日山部屋の朝稽古に参加させていただきました。
まもなく始まる大阪場所のため、各部屋は大阪近辺に宿舎をおいているのです。
朝日山部屋は湊部屋と合同で摂津倉庫相撲場に宿舎を構えています。摂津倉庫さんは実業団相撲部でトップレベルの実力を持ち、横綱の白鵬関も来日して始めて相撲を取ったのがここの土俵と言われています。

まだ暗い6時に京大土俵を出発して、8時半頃に朝日山部屋大阪宿舎に到着するとすでに朝稽古が始まっておりました。
湊部屋と合同なので力士は十両の鬼嵐関を筆頭に2部屋合わせて15人ほど、大変白熱した申し合いに圧倒されました。
朝日山親方(元大関大受)と湊親方(元湊富士)をはじめとする指導陣が厳しい目で見つめる稽古場は大変な緊張感があり、ある種の恐怖を感じました。

そして、廣川と佐藤の2名がまわしを締めて土俵におりました。我々は普段白まわしを使っていますが、プロの世界では関取の象徴です。格段に細い2人が鬼嵐関と同じ白まわしとは、緊張します(笑)。首を痛めている村井さんと中野マネは見学です。
真鶴さん、大忍さん、大花さんに押しやぶつかりを受けてもらいました。非常に苦しかったですが、大変いい稽古をさせていただきました。もっと厳しい稽古を毎日のようにやっている力士の皆さんは本当にすごいなぁと思います。
この後、土俵祭りを見学しました。前日が番付発表で、この日が大阪での初稽古だったため、土俵の安全を祈る儀式が行われたのです。

辛い稽古も終わり、ちゃんこタイム!相撲部屋の本物のちゃんこは、豪快でめっちゃうまかったです。たらふくいただきました。力士の食べる量にも驚きました。肉の量がハンパじゃなかったです(笑)
それから、おかみさん(朝日山親方夫人)がとても優しかったです。中野マネいわく「想像していたおかみさん像にぴったり」だそうです。私も同意します!

食べすぎて動けないのでもう少し部屋にいたところ、床山さんが力士の髷を結うところを見学することができました。千秋楽に優勝力士の髷を直すシーンはテレビでも見られますが、一から全部見られるのは滅多にありません。髷の構造が分かって面白かったです。

我が部の現役では廣川が唯一大相撲入門規定(身長・体重・年齢)を満たしています(古屋は体重が足りない)。入門するよう勧め、このまま宿舎に置いていこうとしたのですが、「勘弁してください」しか言いません(笑)。
まあ、一人では心細いでしょうからインドで順調に増量している古屋と共に来年入門させようと思います。

最後になりますが、親方、おかみさん、関係者の皆さん、稽古に給仕にといろいろしてくれた力士の皆さん、本当にありがとうございました。大阪場所、頑張ってください!!


記録:力士が超人的なアスリートだと改めて実感した佐藤
スポンサーサイト

2月24日(日)の講習会

本日は、毎年恒例の京都市主催子供向け相撲講習会が京大土俵で開かれました。

講師は甲山親方(元大碇)、東関親方(元潮丸)、振分親方(元高見盛)、勢関(幕内)、華王錦さん(元十両、現幕下)、付き人さん2人。
雪が降る非常に寒い日でしたが、この豪華指導陣の下に約50人の小中学生力士が集合しました。

京大相撲部員3人も特別に参加させていただきました。
まず、基本動作のやり方をしっかり習いました。普段なんとなくやってしまっていることでも、いろいろなところに注意を向けることで効果が上がります。
次に勢関と相撲を取りましたが、いい体勢にさせてもらったところでどうにもなりません。当たり前ですね(笑)。軽く転がされてきました。あんなに太い腕と足はあこがれです。その後、華王錦さんにぶつかりを受けてもらい、稽古終了。

小学生は学年別トーナメントを行い、優勝者には勢関のサイン入り手形がプレゼントされていました。

最後に、写真会やサイン会があってすべて終了です。

今日参加した子供たちの中から一人でも二人でも、将来京大相撲部を経て(←ここ重要(笑)!!)伊勢ノ海部屋か東関部屋へ入門してくれることを祈ります。

勢関をはじめとする現役の皆さんは大阪場所も頑張ってください。


記録:久しぶりに擦り傷をつくった佐藤

2月23日(土)の稽古…

更新遅くなってすみません。皆さんお元気ですか?
お元気ですかと聞いたのは部内からインフルエンザの患者が出たからです。この日は中野さんがインフルエンザで休みました。(ちなみにもう治ってます。)

さて、タイトルで稽古とか書いておきながらこの日は稽古をせずに部誌の編集を行いました。
インドから送られてきた古屋の原稿がなかなかの傑作でした。完成までしばしお待ちを…

この日の昼食は、意外と相撲部に入部してからははじめてのハイライトでした。
久しぶりに揚げ物食べました。


記録:そろそろバイトの研修が始まる廣川

2月21日(木)の稽古

ここのところ最高気温が10℃に達しない日が多く、非常に冷え込んでおります。
なかでも、今日は異常に寒く、部員4人とも体が動きません。体調不良になりかけていたと思います。
なので、ストレッチ中心の軽い稽古にして、さっさと終わらせて温かいちゃんこにありつきました。


記録:早く春になってほしい佐藤

2月18日(月)の稽古とその翌日

この日は寒かった土曜日の代わりに相撲を取りました。

なのですが、この日も寒かった…
土曜日とあまり変わらない気温でした。
しかも腹を下した部員が多く、あまり多くは相撲をとれませんでした。

中野さんは欠席、村井さんもご友人との飲み会に自転車を飛ばしていったので、稽古後は佐藤さんと廣川で久しぶりにとくらへ行きました。
おさかな食べないと…
分かってはいるんですがどうしても肉の方が安くて…


翌日の19日(火)は毎年お世話になっている高野川保育園の「高野川のほとりのこどもたちからのステキなおくりものの会」へ行ってまいりました。劇についてちょっと書きましょう。

きりん組さん(4歳児)の劇は「だいくとおにろく」。
大きな川の両岸にある二つの町のこどもたちが一緒に遊べるように大工さんたちが橋を造ったのですが、鬼たちが大雨を降らせてしまったせいで橋が流れてしまいました。
流されないような橋を造るために、大工さんは大きな鬼(おにろく)に丈夫な橋を造るためのヒントを教えてもらうかわりに、鬼の名前がわからなければ大工さんの目玉を渡すという約束をしました。
鬼のヒントのおかげで大工さんは自然の声を聴き、雨でも流されない橋を造る方法がわかりました。子鬼たちにも出会い、鬼の名前もわかりました。
果たして大工さんは流されない橋を造ることができ、鬼の名前も当てて目玉も無事でしたとさ。

主役の大工の子はほぼすべての場面に出演していてセリフが多くて大変だったろうけどよくやった!

らいおん組さん(5歳児)の劇は「しあわせのはな」。
ある街に花が大好きな青年がいました。
その街の王様、お妃様、お姫様もまた花が大好きでした。
ある日、お姫様のお婿さんを公募したところ、大臣、将軍、商人、そして花好きの青年の4人が立候補しました。
この4人から1人に絞るために王様は珍しい種を4人に渡し、一番よく育てた者に姫を嫁がせるといいました。
しかしその種はリスが食べやすいようにとお姫様が柿の種を煮たもの。芽が出るはずはありません。
そして運命の日、大臣、将軍、商人の3人は立派な花を持ってきました。
花好きの青年だけは芽が出なかったことを正直にいいました。
お姫さまからこの種は芽が出るはずがないと聞いていた王様は、正直者である青年をお姫様の婿に選びましたとさ。

やっぱり正直がナンバー1!

こどもたちからの贈り物が終わった後、私はちからもちのたけのことしてステージ上にあがり、きりん組さんの劇中の相撲で勝った子と相撲を一番とってきました。よく押せてたぞ!


記録:一年半後の七大戦主幹に向けての一歩を踏み出した廣川

2月16日(土)の稽古

最近はエントリーシート作成に追われる毎日です。大変と言えば大変ですが、過去をじっくり振り返る面白さもあります。

さて、土曜の稽古ですが、ホンマ寒いです。どうにかしてください。
でも、稽古しました。俺たち頑張ってます!!脱がずに済む筋トレにしましたけど。
その後はちゃんこで昼食。心も体も温まります。

ところで古屋ですが、インドで元気にやっているようです。皆様ご安心を。


記録:温泉に行きたい佐藤


2月14日(木)の稽古

男子部員3人がそわそわした、バレンタインデー。過去ほとんどご縁の無かった忌々しい2月14日でありましたが、今年の相撲部には女子マネがいるんですよ、皆さん!!
メッセージつき手作りチョコレート詰め合わせをもらいました(笑)、中野様ありがとうございます。心より感謝。これからは女神様を呼ばせていただきます。
どれから食べるかもよいながらも全ておいしくいただきました。ちなみに、最後に食べたのはクッキーにチョコで似顔絵を描いてくれたものでした。

しかし、この感動的な記念日に水を差した者がおります。それはインドにいるはずの古屋君、なんと彼からも手紙つきチョコレートが贈られたのです(笑)。しかも大きなハート型。旅立つ前に中野マネに預けていったそうな。
ユーモアあふれる手紙に一同大爆笑しました。そして味もいいのがなんか悔しい!

あ、ちゃんと筋トレもしました。私はようやく自分の体重と同じだけベンチプレスが挙がるようになりました。稽古後のちゃんこには栗木氏も加わりまして5人で食べました。


記録:古屋の本命が誰なのか気になる佐藤

2月11日(月)の稽古

久しぶりに日誌書きます。昼夜逆転の村井です。

いま、こないだ組んだ新PCでこれを書いているのですが、動作が軽くて、いい……(恍惚)。
SSD導入だけでこんなに違うとはって速さで、リアルでも会う人会う人に自慢しちゃうくらいです。
人間も、このくらい簡単に性能が上昇すればいいのに……って思いますが、そうは問屋が卸しませんので、地道な努力をするしかないのです。
つまり筋トレ。
Tarzanの表紙を飾れるような肉体になるのはいつになるやら……。

記録:ヨドバシの液晶タブレットに落書きを残していく男、村井

2月9日(土)の稽古

今頃が一番寒い時期でしょうか、これだけ寒いと洗濯物もなかなか乾いてくれませんね。

さて、古屋君もとうとう旅立ってしまいましたね…
この日は古屋君が旅立つ前の最後の稽古ということで、雪の中稽古を頑張りました。
古屋の髪型が凄いことになってたので、村井さんは立ち合いの時に古屋の顔を見ないようにしていたそうです。
髪型を見たい方はツイッターの方で→@kyodai_sumo

ということで古屋はインド・バングラデシュへ旅行へ行ったため、3月いっぱい稽古に現れません。
生きて帰ってくることを祈ってます。


記録:あと2~3枚ほどCDを配布できる廣川

2月2日(土)の稽古

更新がだいぶ遅れてしまい申し訳ないです。せっかくなので土曜以降のことも書いてみましょう。

2日(土)は私が稽古に復帰した日です。長らく相撲を取っていなかったのですが、それなりに動けました。
古屋には稽古後「もっと勝てると思ったのに」と言われ、何とかメンツを保ててよかったと思います。
その代わり次の日は足が筋肉痛になりました。情けない(笑)。
前日から社会人になった栗木氏もいらしたので、ちゃんこは6人で囲みました。

3日(日)は夜土俵に集まり、恵方巻きを食べてから豆まきし、吉田神社の火炉祭を見てきました。京の節分を楽しみました。

7日(木)は佐藤宅で現役会を行いました。なんでこの時期にしたかと言えば、まもなく古屋が旅立つからです、詳しくは明日の記事で。稽古後のちゃんこを除くと、5人だけで飲み食いするのは実はこれがは初めてです。来年度も共に頑張っていく仲間ですから、2回目3回目と回を重ねていきたいものです。カワハギ(古屋持参)をさばいたのがよき思い出です。今朝の佐藤家台所は血なまぐさかったです。

以上、1週間の報告でした。


記録:この記事に古屋の名が頻出し、やはり彼は話題提供に欠かせない人物だと思った佐藤
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2017年6月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生3名
4回生1名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード