FC2ブログ

10月8日(月)の稽古〜例のアイツは準備運動〜

本日の稽古は佐藤監督・板倉さん・山口さん・吉田さん・淺田・大津・川畠が参加しました。やっぱり休日は賑やかで良い!!淺田はまだ風邪で声がガラガラになっていたので事務作業に勤しんでいました。

さて、今日は何しようかなぁと考えたところ。H.A.Tだとなんか軽い感じがするので今日もフルメニューで頑張ることにしました。しかし、浅香山トレーニングをするにあたって忘れてはいけない事実があります。トレーニングと言うから部員すらも勘違いしてるかもしれませんが、これ単なる”準備運動”なんですよね。これだけやって満足して終わるのは水泳の授業で柔軟体操だけやって終わるのと同じなのです。あくまでメインディッシュは相撲ですからね。デザートに筋トレまでしちゃう食いしん坊さんもいますが。山口メンバーから「これで疲れて相撲しないなら承知しねぇぞ❤️」と元気つけてもらったのでそれでも頑張ることにしました。

前回よりもペースを上げて大体1時間半で”準備運動”を終えると、押しをやって相撲をします。この前小西さんとやった時は中々足が出なかったので出足を意識して思い切りぶちかましていきました。山口さんにはあっけなくボコボコにされましたが、吉田さんとは中々いい相撲を取れた気がします。張り切りすぎて首がグキッといきましたが。そして何と言っても今日は佐藤監督がすそ払いを決めるなど技が冴えていました。そのあと山口さんとで技のデパート対決をしていて見ごたえがありました。

稽古後はJKに行きました。山口さんは久々のJK舐めてたわ....とか言いながら苦しんでいるのを横目に川畠はしっかりおかわりをして美味そうに食べていました。一人川畠さんよりも食べていない不届き者がいた気がしますが忘れました。

さて、その後僕はデザートを食しに山口さんとトレーニングルームに赴きました。今日はデッドリフトを教えてくれました。ベンチプレスも難しいですが、デッドリフトは一歩間違えるとすぐ腰を痛めるのですごく気を使います。また教えてくれるらしいです。ありがとございます。

記録:家ダニの餌と化した大津
スポンサーサイト

9月26日(水)の稽古〜サブタイトルって難しい〜

本日の稽古は吉田さん・大津、そして福岡から田中大士さんがいらっしゃいました。人が少ない時に出稽古に来ていただくのは非常にありがたいです。田中さんは非常に気さくな方でついつい雑談に花が咲いてしまいますが、きちんと稽古もしました。そういえば、当ブログの数少ない読者の中で最近サブタイトルが付いことに気付いている方はいらっしゃいますかね。せめて付けたらもうちょっと読んでくれるかなぁと思って付けているのですが、毎回良いものが思いつくわけではないので困っています。センスのある方はコツなどコメントしていただけると幸いです。

今日はなぜか懐かしい響きになってしまった通常メニューでやりました。人数も少ないですし、そろそろ基礎トレを充実させたメニュー改革をしてみてもいいかもしれません。田中さんは腕立て伏せにもしっかり付き合ってくれました。

さて、相撲をしたのですが田中さんは組むと腕力がすごくガッチリ止められてしまいます。40代で体重も80kgそこそこの方とは思えないくらいでした。そこで、僕の立ち合いといえばなりふり構わないぶちかましですが、今回は諸手突きでまわしを与えない相撲を試みました。すると案外あっさり突き出すことができました。押し相撲にとってまわしを取らせないということが如何に大事かよくわかりました。

それにしても、田中さんや松井さんのように40歳を超えてもバリバリ相撲をするのは凄いと思います。僕は現役が終わればもう相撲を取ることはないでしょう。少なくとも今の体重で歳をとればそのうち膝が捻じ切れます。とはいえ社会人になっても何かやりたいとは思ってはいます。テニスに戻ろうかなぁ。さーすがに相撲はしていないと思います、というかもう40歳の自分に相手が全力体当たりをしてくるのが怖いです。毎週胸を出してくれている監督にも感謝ですね。

稽古後はまたまたあくた川に行きました。富山県出身の田中さんは大のラーメン好きだそうで福岡のラーメンは豚骨ばかりで寂しい、また富山ブラックは地元民で食べに行くのは少数だと熱く説かれていました。たしかに、北陸は背脂多めの醤油ベースだとテレビで見ました。あくた川の家系ラーメンはお口にあったそうで良かったです。田中さんごちそうさまでした。

記録:後期は出席頑張るぞ。大津

9月15日(土)の稽古〜京大相撲部より愛をこめて〜

本日の稽古は佐藤監督・松井さん・小西さん・山口さん・板倉さん・大津が参加しました。浅田は珍しく体調不良のようです。

さて、近年の京大相撲部を語る上で欠かせない方がいます。松井コーチです(雑な導入)。20年にわたって京大相撲部の練習に参加されていました。その捻り技は強烈で七大戦の申し合いで若手を捻りまくっていたのはみなさんの記憶にも残っていると思います。大相撲でもなかなか決められない技を狙ってポンポン打てるのは物凄いです。僕が見てきた捻り技の95%くらいは松井さんのでしょう。40歳を超えているにも関わらず、僕のようなデブにも積極的に胸を出していただき、また惜しみなく技術指導もしてくださり京大相撲部には欠かせない存在でした。

ここで一つ思い出話をしておきましょう。あれは確か3月くらいだと思います。珍しく松井さんが僕のぶつかりを受けてくれることになりました。普通ぶつかり稽古の構成はだいたい決まっているはずですが、松井さんのぶつかりはいつ終わるか読めません。加えて軽量ながら非常に低く腰が重いので、当時90kg程度で腰も高い自分には中々押せませんでした。文字通りヒィヒィ言いながら押していたと思います。いつ終わるのかもわからない、松井さんの檄が聞こえた気がしましたが最後の方はほとんど記憶にありませんでした。そして受け身、礼をして土俵を出た瞬間僕は大泣きしてしまったのです。本当にキツかったのと緊張がふっと解けたので涙が止まらなくなりました。いやぁまさか大学生にもなって人前で大泣きするとは思いませんでした。軽くトラウマでしたが、嘘偽りなく本当に感謝しています。松井さんはこのように時に厳しく指導してくれました。

そんな松井さんも、お仕事の都合により今月をもって京都を離れることになりました。非常に寂しいです。先輩や3回生は僕よりもっと長くいたわけですから、自分よりもっと寂しく感じていることでしょう。。。土曜日が寂しくなりますが、まぁそこは新入部員が賑やかにしてくれるでしょう(妄言)。皆で色紙を渡した時、松井さんは「引越しのどさくさでなくなっちゃうかもね笑」と場を冗談で和ませてくれました。こういうユーモアのあるところも僕は好きでした。

そんなわけで、前置きが長くなりましたが今日は松井さんの追い出し相撲をしました。その前に松井さんの土俵入りをしたのですが、皆さんは土俵入りのルールをご存知でしょうか。僕は何回も見たことがあるのに言われてみれば全然思い出せません。よく見れば横綱によって細かいアレンジが加わっているので、マニアはそこら辺詳しそうです。松井さんの型は当然、攻防兼備の雲龍型です。

その後一人三番ずつ追い出し相撲をしました。僕は稽古不足もありましたが三番とも捻りにやられてしまいました。板倉さんは軽量級同士かなりの熱戦になりました。山口さんは相変わらず圧倒していました。佐藤監督は僕と同じく3タテをくらいました。その後僕になら勝てるだろうと勝負を挑まれましたが、なんとか返り討ちにしました。その後小西さんが来られたので三番追加しました。稽古不足とは思えないような安定した取り口で3勝していましたが、松井さんも物凄い粘りを見せてくれました。ちなみに稽古後の小西さんの重さは89kgでした。本人曰く汗を吸ったまわしの重さは4kgらしいですがあまりに都合が良すぎませんか。僕はそのあと餞別代わりにぶつかりを3本受けてもらいました。上記のことを覚えていらしたのかもしれません。やっぱり重かったです。

稽古後は山口さん御用達の味美庵へ行きました。安い・旨い・量が多いの三拍子揃った良店ですが、行くたびに接客が雑になっているのは気のせいでしょうか。

松井さんは今後も大会の応援や、都合が合えば出稽古にも来てくれるようです。僕も負けっぱなしじゃ悔しいので是非(僕が元気な時に)来てください。出来れば新入部員と共にお出迎えします(妄言)。では、松井さん今後とも京大相撲部を宜しくお願いします!!

記録:そろそろ破産しそうな大津

9月10日(月)の稽古

今日は板倉さん、淺田、大阪大学から福永君が来てくれました。
お客さんが先週から5日連続で来てくれてます。

板倉さんはおなかの調子が悪く、淺田が福永君と10番とりました。
2勝8敗でした。
8連敗してから2勝できたので対応できたということにしておきましょう。(震え声)

強かったです。

稽古後は綴に行きました。
お客さんが来たら綴に行く風習があるのかもしれません。

記録:今日の体重は103kgだった淺田

9月6日(木)の稽古 ~ダイエット(笑)~

台風やら地震やらで日本全体がおかしなことになっていますね。被災された方の無事を祈ります。



今日の稽古は板倉・淺田・応援団長佐藤・東大須山が参加しました。お客さん率5割です。我々の部活は門戸が広いです。

さて富士山に登るために昨夜帰ろうとした須山でしたが、ちと富士山登山が中止になった関係で帰るのを遅らし稽古に参加しました。もはや我々京大相撲部の正規部員と言っても良さそうです。うちの須山くんは近々東大の方に出稽古に行くので、東大相撲部の皆さんは可愛がってあげてください。京大相撲部は割と丁重にもてなしました。ご飯をたーんと食べさせてあげました。

応援団の団長ですが、体重が90㎏ほどあることからダイエット(ガチ)目的で四股なりなんなりをしに来ています。今日の稽古でも相撲部員と同じ200回の四股を踏み、わかる人にはわかるキツいメニュー浅香山すり足を3周ずつこなし、押しをしたり腰割りを200キープするなど相撲部員顔負けの稽古をしました。もはや彼もうちの部員と言って良さそうです。彼も板倉と同じで大学のアディショナルタイムに突入するとかしないとかなので、もし来年も大学に残っているようであれば大会とかに出てもらおうとか思ってます。うちの正規部員ですし。

淺田も上半身を鍛えてました。頑張ってました。以上。ちなみに彼の体重は106㎏です。いつの間にでかくなったんや。

そういえば稽古前にまわしの重さを調べてみました。まわしの重さが4㎏であれば小西さんのダイエット(笑)は成功したことになりますし、小西さんの「85㎏」発言も妄言ではなくなります。
果たしてまわしの重さは何㎏だったのか…








気になるその重さは…














小西さんのダイエットの結果や如何に…

























ジャカジャン
「2.8㎏」でした!微妙!


小西さんのダイエットは無事に成功してたわけですが、「85㎏」発言は妄言であることが判明しました。小西さんはこれからも野菜中心の食生活にするそうなので、きっと痩せていくことでしょう。そんな彼の最終目標は80㎏を切るとかなんとかですが、妄想甚だしいので筆者は無理だと思います。


稽古後は我々が愛してやまない綴に行きました。既に店員さんには顔が覚えられています。きっと今日も特盛集団が来たぞとか思われてるのでしょうね。今日も性懲りもなく特盛を頼みましたが。
淺田と須山がお腹空いたぶーっていいながら特盛を1杯平らげた後に、オムライスの大盛を頼んでました。ナチュラルボーンデブの淺田はペロリと完食しましたが、努力でデブになろうとしてる須山はなかなかキツそうでした。
ちなみにダイエット(ガチ)の団長は、オムカレー特盛を食べたあとに、チーズオムライスが美味しそうだのチキン南蛮がいいかななどとメニューを見ながら呟いていました。2杯目に突入かと思われましたが、グッと堪えることに成功しました。彼は漢です。ちなみにこのあとケバブを買いに行きます。団長のダイエット(ガチ)はダイエット(笑)に進化しました。痩せる気あるんかいな。

追記
ケバブ屋に行ってきました。昼営業終わってました。仕方がないので隣のマクドナルドに行こうと提案したら誰も反対しませんでした。ダイエット(笑)ガチ勢の団長は、ポテトがどうのこうの言いながらもバーガーの単品で注文を終えていました。ダイエットに一歩近づきました。
店から出ると自転車撤去という忌々しい垂れ幕を下げたトラックが目の前に停まっていました。幸いなことに回収を始める前でした。「自転車回収できなくて残念だったな!ブワハハハハハ!」と捨て台詞を吐いて帰路につきました。


記録:ズボンが少しずつキツくなってきた板倉。デブじゃないけど。我、デブじゃないけど。
プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2018年4月現在の部員数は
2回生2名
3回生3名
4回生3名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード