京大相撲部からのお知らせ

文字色相撲部はいつでも部員を募集しています!
大学生活を始めるにあたり、何かスポーツをやってみたい人、新しいこと・珍しいことをやりたい人は我らが相撲部はいかがでしょう?
プロの大相撲とは少し違う、学生相撲の魅力を知ってもらいたいです。
まずは下記リンクから相撲部ホームページをのぞいてみてほしいと思います。
どうぞよろしく!!

①基本的な稽古日程
 月・水・木 18:30~21:00  土 10:00~12:30
※長期休暇中の稽古は平日も10時開始となります。ご注意ください。

②ホームページについて
http://www.geocities.jp/kyodaisumo/
一度は見てみて下さい!

このHPに関する意見やリンクの依頼などは京都大学相撲部メールアドレス kyodai.sumo@gmail.com までお願いします。
見学や体験入部、質問、出稽古、取材に関すること、応援メッセージ、合コンのお誘い(笑)なども上記までお願いします。お待ちしております。

スポンサーサイト

2/23(木)の稽古

お久しぶりです。ブログの更新が遅れました。
今日は昨日が就職祝賀会のため緩く筋トレをしました。
体が重く、きつかったです。

記録:部内最重量になったらしい淺田

2/18(土)の稽古

今日は比較的暖かったですね。気温は一桁ですけど… これで暖かいと言い出すあたりやはり相撲部はおかしいのだと思います。
そんな中本日は小西さん、板倉さん、吉田さん、淺田の4名に加えて松井さんの計5名で稽古です。先週は膝の痛みからあまり相撲を取れませんでしたが、今日は調子もよく、しっかり動けました。
依然として小西さんには勝てないです… よくないところはわかっているのでそれが実践できない分つらいですねぇ…
しっかり日々の稽古に励んで弱点の補強に努めたいものです。

記録:専門科目の単位発表を恐れる淺田

2/11(土)の稽古

午前中なので多少は寒さも和らぐように思いましたが、依然寒い中今日も稽古に励みました。今日は板倉さん、山口さん、吉田さん、堀野、淺田の5名に加えて、佐藤監督、松井さん、廣川さん、谷澤さんの計9名で稽古です。谷澤さんは久しぶりに来られたので、是非とも相撲を取りたかったのですが、あいにく若干体調がよろしくなく四股をひたすら踏んでました。残念。寒いので体調管理は重要です。

稽古後は廣川さんお手製の鍋でした。豚足をゆでたらしくコラーゲンたっぷりだそうです。お肌プルプルです。

記録:早く春が来いと切に願う淺田

2月9日(木)の稽古

雪もちらつく今日この頃。
寒さに震えながら小西さん・板倉・ASD(淺田)の3人が相撲をしました。廣川さんも来てくれました。
寒いです。寒かったです。足の裏が痛い痛い。感覚がなくなるほどキンッキンに冷えてやがりました。

テスト明けで久々に相撲をとりましたが、やっぱり巨漢相手に相撲をするのはしんどいことこの上なしですね。
淺田を下手投げで打ち負かした一番以外は全て負けました。今日の通算成績は1勝11敗だったかな?相撲やめたろかな。

ところで本日は珍事件「決まり手猫騙し」となった一番がありました。
簡単にことの顛末を説明しますと、

はっけよい!

ぱん!

うわっ!

つんのめりん

すってんころりん

こんな感じでしたね。94㎏の巨漢であるASD(プライバシ保護の観点から伏せ字を用います)がものの見事に転けてました。主将は彼に直接触れることなしにハンドパワーを使って勝ちました。これだから相撲は面白い。相撲はやめられない。

相撲やめたりません。

あさd…ASDの悲劇を山口くんが見てたら発狂してたことでしょう。猫騙しで懐に潜られたりなんなりされるならまだしも、勝手にすってんころりんですからね。これは山口くんも黙っちゃいません。

幸か不幸か彼は現在インフルエンザA型にかかっており、淺d…ASDの悲劇を目にすることがなかったわけですが。山口くんお大事に。

稽古後は豚カツ16枚と小麦ボールを4人で分けました。

記録:土俵を床暖房にすればみんな幸せになるのではと常々思う板倉

プロフィール

京都大学相撲部

Author:京都大学相撲部
京都大学相撲部のブログです。
相撲部の日々の活動の報告や大会記録などを随時更新していく予定です。
2016年5月現在の部員数は
1回生2名
2回生3名
3回生1名
4回生2名
みんな相撲部に入ろう。
twitter→@kyodai_sumo
Facebook→http://www.facebook.com/kyodaisumo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード